質の高い社員研修を実践しよう【目的を明確にすべし】

男性

従業員と会社への意識

ES調査は、従業員の会社に対する満足度調査のことであり、専門の業者に依頼して行うことが最適である。ES調査では、より正確な回答をしてもらうことが重要である。それにより、回答の分析や対策を正確に行うことが可能になる。

詳しく見る

男の人

厳しい訓練の中で

新入社員研修には種類があり、専門会社で行われる研修が人気です。その理由は厳しい生活の中で社会人としての心構えを身につけられるからで、研修卒業後即戦力として期待ができるからです。気合が入り目の色がぜんぜん違います。

詳しく見る

講義

若い人材を伸ばす

いくら優秀な成績で大学を卒業して入社した社員でも、まだ社会人としての経験が足りません。そういった将来性のある若者に、社会人としてのマナーや礼儀を研修で教えるのは、企業にとって重要な取り組みです。人材育成ができる企業は、将来においても安泰です。

詳しく見る

社内

社員を大切にする会社

なかなか聞き出せない社員の本音や、見えにくい業務の実態をつかむためにはES調査が大きな効果を発揮します。ネットを通じて依頼することも可能で、見積もりや質問サンプルなどは無料で利用できることがほとんどでしょう。

詳しく見る

女性

若手社員の育成法

離職防止なども考えて、一人一人に合った受講プランを組み合わせるのが、最近の新入社員研修のスタイルです。入社時に学んだ内容を更に深めたいときには、営業力アップに役立つコースや、マネジメントについて学べるコースを受講するべきです。

詳しく見る

育成しようとする姿勢

女の人

目的とターゲットを明確に

企業の業績向上の原動力は何と言っても社員の力です。社員自身がモチベーションを高くし、やりがいを持って働くためには、社員への研修制度が一つのポイントとなります。企業によっては、研修の担当者をきちんと決めている場合もあるでしょう。さて、担当者にとっては、どのような研修を企画するかが悩ましい問題です。その場合、研修を専門とする企業の力を借りるという方法があります。インターネットで検索すればたくさんの会社がヒットするわけですが、それらを利用する前に押さえておくべき点があります。まずは、「研修の目的」です。やみくもに研修をすれば良いというわけではありません。社員のどんな力を伸ばしたいのか、どんなところが弱点なのか。職員個々のモチベーションアップが目的なのか、それともチームワーク向上が狙いなのか。そんな事前の見立て(アセスメント)が重要です。専門の会社に依頼する場合、必ずこのことが大事なポイントとなります。つまり、研修担当者自身の状況認識・課題意識が重要なのです。次は、「誰のための研修か」という点です。一口に社員研修と言っても、新任職員のため、中堅職員のため、管理職のためなど、ターゲットは様々です。それによって研修の内容は変わります。専門の会社への打診の内容も変わってくるのは当然のことです。社員は、「私の会社は、私たちを一人前に育成しようとしてくれている」と思えると、社員を大事にしてくれていると感じ、嬉しいものです。まずは社員は育成しようとする会社の姿勢からでも始めておきたいものです。

Copyright© 2018 質の高い社員研修を実践しよう【目的を明確にすべし】 All Rights Reserved.