離婚や相続に関しては法律に詳しい専門家へ相談

スーツ

専門家に依頼

悩み

税制面の改革内容に注視

大きな財政負担の問題を抱える政府は色々な面で税制や特例を使って、高齢者に偏っていると言われている預貯金等の資産を動かし易くし、経済の活力を取り戻そうとしていくであろう。昨今、改正された相続税法や贈与に伴う特例等はその一環と言える。今現在、相続税が如何程になるか計算しておくと共に、上手な資産継承を検討しておくことが重要である。計算が難しければ、税理士等専門家に依頼するのも良いと思う。一度計算の仕組みを教わっていれば、相続税の概略は自分でも計算出来る様になる。税制面の改革内容等も専門家は逐次把握しておく必要があるので、そのツテを持っておく事は有効であると考える。相続税、贈与税等の資産継承に影響する税制面の動向に注視していく事は益々重要になってくると思われる。

特例事項を上手に活用

注意すべき点は、各々特例事項が適用される条件内容を十分チェック確認し、相続税による節税と贈与税による節税のどちらが有利に働くか検討しておくことである。もちろん、併用する手立てもあるであろう。長期戦略で資産の移行を図る場合いは、毎年の贈与税の非課税枠を上手に使う方法もあるし、資金を保険に転換し、相続時の特別控除を受ける方法もある。このへんの計算は複雑になることもあるので、専門家の智慧を拝借する事が望ましい。子供の住居資金援助や孫の教育資金の援助等条件手続きが面倒なものもあり、これ等の業務を取り扱っている信託銀行等に問い合わせて、内容を把握しておくことも大切である。これからは、この様な特例事項も変更されることも有り得るので、この動向調査は欠かせない。