離婚や相続に関しては法律に詳しい専門家へ相談

スーツ

税の問題

男性

平成27年以降の相続については、改正されて相続税法が適用されます。

平成27年1月以降の相続については、改正された相続税法が適用されます。相続税を計算するには、相続した建物、土地、金融資産等の財産から借入金等の債務を差し引き、その後、相続人数に応じた控除額を差し引いて相続税を計算します。計算した相続税は、相続した財産の割合等に応じて、各相続人に按分されますが、配偶者の軽減措置等により税金がかからない場合もあります。今回の相続税法の改正では、この控除額が4割削減されています。これまで相続人3人で相続した場合には控除額は8000万円でしたが、改正後はこれが4800万円に削減されることになりました。したがって、これまで相続税の課税を受けていなかった者でも、相続税の申告が必要となる場合があります。

相続対策には、税務の専門家である税理士に相談することが効果的です。

相続税については、生前からの相続税対策が重要となってきます。相続税対策については、税務の専門家である税理士に相談することが効率的です。税理士になるには、国家資格試験である税理士試験に合格する必要があります。試験に合格する以外にも、税務署等で長年にわたり実務を担当した者には、一定の研修等によって、税理士資格が付与される場合があります。相続税の申告においては、土地等の評価や特例措置などの適用によって、相続税額が大きく変わる場合があります。所得税や法人税の申告を担当する税理士は多くいますが、相続税を担当する税理士は多くいないのが現状です。税務署において長年にわたり相続税を担当した、所謂「税務署OB」の税理士に相続税対策を依頼することが効果的です。